2013年07月24日

元探偵A子が見た!浮気調査の事件簿A

浮気とは、何も夫婦間だけの事だとは限りません。
お付き合いしているカップルにも有り得ます。
逆を言えば書類上で約束をしていない分、
不安が増してしまう可能性も有るのです。


今回はカップルでの浮気での件で、
女性が自殺未遂してしまったと言う話です。




<女性からの相談>

夜中の2時位だったと思います。
女性から電話が入りました。
声はうわずっていて、泣いた後のような感じでした。
私は、”どうしましたか?大丈夫ですか?”と声を掛けました。

女性は少し黙り話し出したのですが、
彼氏がここ数日帰宅しない」と。

どうやら同棲しているみたいです。



女性22歳OLをしています。

相手は26歳の営業マンです。



何日帰宅していないのかを聞くと、
3日間帰宅せず、電話も出ず、
メールも返事が返って来ないと言ってました。。



初めは事故にでも遭ったのか!
と心配だったが、もし事故なら連絡が来るはずだし、
3日も何も音沙汰無しということはないはずだと思い、
彼氏の荷物を探っていたら、
色々な所の店の名刺が出てきて、
それが大半キャバクラや風俗名刺。

女性は”もしかして浮気??”と思ったそうです。




女性は心臓がバクバクして目眩を起こしてしまい
横になって少し落ち着いた時にここに電話をしたと。
だから夜中だったのです。




私は、名刺が見つかっただけでは、
浮気をしているとは限らないので、
それを女性に伝えたのですが、
女性は頭の中で決めつけているので、
何を話しても無理でした。


提案をして、もし、宜しければ会って
お話を詳しく聞きたいと言いました。
女性は了解をし、後日会う事を約束しました。




<女性に会う>


女性はかなり堕ちていたので、
まずは出来るだけゆっくり休んで明日、
起きたら連絡をして欲しいと告げて、
一度電話を切ったのです。



次の日、夕方に会うという連絡が入りました。
私は女性の最寄駅まで行くからといい
5時に駅でとの待ち合わせをしました。
乗り換えを一度すれば良い駅だったので、
差ほど遠くでは有りません。



私が駅に着いた時間の15分位後に、
彼女は来ました。
化粧もせずに、トレーナー姿で
フラフラと歩いて現れました。

とにかく先ずは近くに有る喫茶店を探し、
入ることになりました。

なるべく奥の席に座り、
注文をしドリンクが来るまで、
身体をいたわる話しをして、
店員が離れてから、本題に入ったのです。



女性は声を震わせながら説明を始めましたが、
どうやら帰宅する前から喧嘩をしており
自分はやきもち妬きで相手を責めてしまう事が多く、
相手も段々話をしなくなってきた。
とのことでした。



その上での喧嘩でしたので、
きっと帰るのが嫌になってしまったのかもしれません。
でも、それだけでは浮気とは判断は出来ません。
もちろん、名刺が出て来てもです。



この場合はやはり調査が必要になってしまうので、
その旨を女性に告げました。
女性はやっと少し落ち着いた感じになり、
一言「お願い致します」と。




<予備調>


女性から相手の写真や持っていた名刺・情報を
持参して貰ったので、案件表に記載をし、
下見調査を開始します。相手が良く行く所、
名刺に書いてあるお店の場所等をピックアップし、
確認をします。

後は友人で知っている人の名前や
住所・電話番号なども聞きました。


そして、そこまでの道順や死角になる所を探し、
下見完了です。




<本調開始>


先ずは、今現在相手が何処にいるのか?
分からないので、相手探しからスタートです。

相手の友人の所にいるかもしれませんし、
実家にいるかもしれません。
そこから捜査しました。



色々と聞き込みや友人に聞いたりした結果、
友人の家を転々としていた事が判明しました。

ただ、その友人達宅にいつ行っているのか?
ランダム状態で分からない為、
話が聞けた友人に良く行く場所を教えて貰ったのです。



すると、”結構、カラオケには行っている”
とのことだったのですが、
そこのカラオケでさえ、いつ行くかが分からない。
ですから、そのカラオケ死角からを
張り込もうと判断しました。




<ターゲト見つかる>

時間的には決まって夜の7時に入ることのみを
情報収集出来たので、それ以前の時間帯から
張り込みを毎日することを実行します。

張り込みをしてから2日後だったでしょうか。
現れました男性友人同士3人でカラオケへと
入っていったのです。
夜の11時を回っていました。



私達は相手(ターゲト)が出てくるまで
店の近くで待機です。
出てきた所で尾行を開始するのです。
勿論、撮影は既に残しています。



カラオケから出てきた後は男性3人で
ファミリーレストランへ入って行きました。
多分、長くなると想定し、
私達もファミリーレストランへ入って行ったのです。
案の定、3時間話していて、
既に夜中の3時を回ってました。



この人は仕事をしているのかな?
このまま行くんだろうか… 
それとも無職になってしまってる?
と私は不思議に思いました。
女性と居る時は、朝から仕事をしていたので、
私はそう感じてしまったのですが。



朝の4時過ぎ、やっとファミレスを出て行きました。
3人で出ましたが、途中でバラバラに解散したのです。
とにかく、そのまま尾行続行です。



<ターゲトには新居有り>


相手を尾行してみると、
ファミレスから歩いて12分程の所に有るマンションへと
入って行きました。

どの友人の家なのだろう?と思い張っていると、
誰も帰宅しない。電気は付いていなかったので、
彼が初めて帰宅したはずです。

一応、暫く待ってみました。

結局は誰も帰って来ずのままでした。

相手も熟睡しているのか?
出てくることも有りませんでした。
それでも自宅に居る事は確かなので、
このまま張り込みを続けます。


張り込みをしている間、表札の確認に行きました。
すると・・ 相手の名前が記載されていたのです。
いつから申し込んでいたのか? 
一人なのか?新たな女性が一緒なのか?



半日が経過した時です。一人で家から出てきました。
尾行開始です。相手は常に移動はバス・電車なので、
車では張り込み・待機の時だけです。


午後からの仕事なのでしょうか、
とあるお店に入って行きました。
そこの店に入って行くと、やはり仕事先だったのです



その時でした。同僚の調査員から連絡が入ったのです。
相手のマンションに女性が入って行ったと。

そして鍵を開け、部屋へ入って行きました。
まだ、20歳位の女性だったそうです。

やはり、他の女性に気持ちが向いていた
のかもしれません。
同僚の調査員は取り敢えず、撮影はしていたそうなので、
証拠の一部が出来ました。


しかし、一緒に居る所を抑えないと、
意味が無いので、まだまだ張り込み続行ですが、
私達も寝てないので、
交代で車内での仮眠をしながらの調査をします。





<浮気より二重生活していた>


夜中に相手が職場から帰宅しました。
それをしっかり撮りましたが、部屋の中までは撮れません。
取り敢えずそこまでで、私たちは帰ったのです。




相手は午後出勤。相手の新しい女性は朝出勤。
これは、休日を狙うしかなさそうなので、
休みを狙い調査します。で、張り込みを再開しました。

その間に依頼者の女性には、
途中報告をしていました。
これは、探偵をしている所は、
何処も実践しているはずです。





<大変な結果になる>

調査をしている間に依頼者の女性は余程、
切羽詰っていたのか?

段々とおかしくなって来ていたみたいなのです。
本当に相手が好きだったせいなのか?


一人で考え過ぎてしまっていたのか・・・。
依頼者女性から連絡が来て「もういいです」の一言。

私は「もう捜査は打ち切りということですか?」
と言いましたが、返事無しで電話を切ってしまいました。

その時の時間は午前中の7時頃です。


何か、なんとも言えない不安感が身体を走り、
速攻、女性の家に急いだのです。


自宅へ到着したのは、8時半位でした。
インターフォンを押しても出てくる気配無し。
益々不安になって、何度も名前を呼びましたが応答無し。



大家さんに連絡をして内容をを報告し、
私達は身内ではないので
鍵開けのお願いが出来ない為、
警察と一応の救急車を依頼しました。




<女性は自殺未遂をしていた>


数分して警察と救急車が到着し、
中を開けて貰い驚きました。
未遂をしていたのです。


調査が必死で、彼女の精神的な感情を
見抜いてあげれなかった事に後悔しました。
とにかく、病院へ行って家族へ連絡をし、
親に来ていただいた時に、説明をしました。


親としては、初めての話しなので驚いていましたが、
事の重大さを把握してから、
娘さんの安否を皆で祈りました。


結果、間に合い大丈夫になりましたが、
女性本人はかなり傷がついていると思うので、
親にはこれからの精神的のフォローをお願いして、
今回の調査はここで打ち切ったのです。




<恋愛での結末>


警察の調査では、ここ数年で自殺者が一番多いのは
20歳代の女性だそうです。

殆どが恋愛関連での自殺と聞きました。
もっと、そこの調査を怠らず、
徹底的に行わないといけないと心から反省しました。



強い女性ばかりとは限りません。
弱い女性の場合は、まず、ケアーからのスタートをする事。

依頼者の方にも、悩み崩れる前に、
必ず相談して来て下さい。大きくならないうちに・・。


相談は無料なので、躊躇せずにお願い致します。
posted by tantei at 18:03| 浮気・不倫調査

2013年07月05日

元探偵A子が見た!浮気調査の事件簿@

ごく普通の生活をし、ごく普通の家庭であっても、
間がさすという事は良く聞きます。

それは、余りにも平凡過ぎるからでしょうか?

平凡が一番いいと思いますが、人間というのは厄介で、
刺激を求め出す人がこの世には多数います。


この浮気調査はごく普通の家庭でした。周りから見ると、
良き家族に写っていたのですが、
中はそうでも無かった様です。



依頼者・・・奥さん(32歳)
ターゲット・・・旦那さん(35歳)
子供二人・・・息子(7歳)娘(5歳)


奥さんから連絡が来たのは、午後の2時頃。
半不安な感じの声で電話が有りました。





<相談内容>



奥様から「旦那が浮気をしている気がするのですが、
どうやって調べたらいいか分からないし、
電話をしてしまいました」と。


私は、その”気がする”の予感を聞いてみました。
奥さんは「ワイシャツに付いている香りがいつもと違うというか、
うちの洗剤の香りじゃないんです。

香水とかではないのですが、多分柔軟剤の香りかなと」
という事は、洗濯されているという感じでしょうか?



との質問に、出張が有った
と本人は言っているので、
そうかもしれません。との答えでした。一応、
それだけでの事での内容で、不安になり連絡をしてきたので、
この先”おかしい”と思う事が有ったら、メモをしておき又、
連絡をしてきて欲しいといい、電話を切ったのです。



*おかしいと思う部分での例として伝えた事柄

 ・携帯電話を頻繁に気にし出している。
 ・会話が減ってくる。もしくは逆に会話が増え過ぎて来た。
 ・奥さんの言っていた{出張}が増えてきた。
 ・少しの態度も見逃さず、チェックを入れて下さい。



と上記を伝えています。



*******一週間後********


<連絡が入る>


奥さんから連絡が入りました。
伝えた事を明確にメモをしていました。
それに伴い回答を告げて来ました。
どうやら、何点か当てはまる状況が出てきたと言っていました。


1.会話が段々増えて来ている。(機嫌を取るような感じと、やけに明るい日が多々ある)
2・出張といい、泊まる事が日に日に出てきている。
3.パソコンを買い、こそこそと何かしており、パソコンにロックを掛けている。
4.機嫌を取るくせに、夜は減りました。



との結果でしたので、私は完全に怪しいかもしれないと答え、
この先どうするか?の話を奥さんとしました。

奥さんは半分、疑いながらも半分は信じたくないとも
言っていたのです。
しかし、調査を頼む願いをしてきました。




<調査依頼を受ける>


奥さん(ここから依頼者になります)と会う約束を
3日後にしました。そして、
持参して来て貰うものを告げました。


旦那さん(ターゲット)の写真・
メモをした紙・個人情報での内容です。

これが無いと調査は進められないので、
お願いしました。



3日後、依頼者の近くに有る喫茶店で
午後の2時に会うことになりました。

彼女はピッタリの時間に来てくれ、
今後の話も順調に行きそうです。



先ずは、ドリンクを注文して、
ウェイトレスが離れた所から、
本題に入ります。

世間話しをする訳では無いので、
必ず傍に誰も居なくなった時に話を開始するのです。



”調査の経過ごとに連絡をし、
続行するかの確認をしながら行いますので、
出来るだけ電話に出れるようにしておいて下さい”と告げて、
旦那さんの行動で何かあれば
その都度教えて欲しいとも伝え、
明日から調査開始します。




<予備調>


まず、旦那さんの良く行く所、
会社を下見調査しました。

張り込める場所や道順などです。

調査での張り込みには、
必ず死角になる所が必要なのです。




<本調>


早速、調査開始です。最初は会社からスタートです。
退社時間を確認し、張り込みをします。

勿論、一人では無理なので、
男性調査員と行います。
旦那さんは車出勤なので、車で待機をしました。



一日目: 退社から尾行しましたが、
     その日はそのまま帰宅しました。


二日目: 退社後、会社の人と食事に行きました。
     車なので、呑む事はしていませんでしたが、
     3時間ほど話をして、それから帰って行きました。



三日目: 先日と同じだったので、奥様に伝え、
     出張とかの話が出たら知らせて欲しいと告げ、
     返事を待ってから、行動することにしました。



*奥さんから連絡が来たのは、一週間後の事でした。
旦那さんが出張の話をしてきたようです。
私達は動く事にしました。

出張は早朝からだったので、
その前から自宅近辺で張り込み、
尾行開始です。

出張は会社からではなく、
自宅からだったのです。



出張先は都内の自宅から静岡です。
ずっと尾行をして(車を二台用意し、交互に着けました)
着いたのが静岡駅に有るホテルでした。
チェックインして、部屋に入り暫く出てきません、
そして、その後に女性が訪ねてきたのです。
部屋番号を聞いてみると、旦那さんの部屋番号でした。



これは、絶対におかしいです。
そんな出張はありません。
普通は先での会社を訪ね、
それから仕事をし、ホテルへ行くか、
一度ホテルに荷物を置いたとしても、
早朝なので、それから仕事に行くはずです。



女性が入ってから、それこそ午前中は
ホテルから出て来ず、夜になって食事にでも行くのか?
二人で出てきました。

これは決定的です。
これはずっと撮影しています。




食事に行った後、又ホテルに戻り、
朝まで姿は見せませんでした。

もしかして、次の日は仕事へ行くのかと思いきや、
観光へと出掛けて行きました。



静岡ですので帰り時間は掛からない為、
好都合な場所です。しかも、
ラブホテルでは有りません。

何とでも言う事が出来てしまうのです。

しかし、これは完全に浮気の証拠です。

嘘をついて、仕事へはいってないのですから・・・。

奥さんに報告をするため、
報告書と写真・撮影の映像を仕上げ、
連絡をしました。




<依頼者に結果報告>


最初に相談した所と同じ喫茶店で会います。

奥様はうな垂れていました。

しかし、報告はしないといけないので
私も毎回辛いですが、行います。


報告が終わると、奥様は泣きだしました。
これが一番キツイ所です。
これからのアフターケアは
私なりにしっかりと行って行きたいと思っています。

精神的に辛い状態になるのは分かっていますし、
今後、どうするかも奥さんに
お聞きしながら進めたいとも考えています。


奥さんは結果が分かってからのことは
一切考えずにいたようなので、
ゆっくりと電話連絡やお会いして、
一番良い方法をとりたいと思います。



最初に”ワイシャツの香り”でおかしいと思い、
連絡を早めにして来たのも、
早期発見に繋がっています。

こじれて大変になる前に、どうか相談をしてきて欲しい
と私は思います。相談は、無料ですので、
遠慮や躊躇をせずにお願い致します。


posted by tantei at 16:39| 浮気・不倫調査

2013年06月05日

浮気かな?と気にしているままでは遅い!

<不信な行動が気になるようになったら>

日頃、相手の行動がおかし時、浮気しているのではないか?と思い当りの節があると、やはり気になり、実際はどうなのか?と本当の事が知りたくなるでしょう。

そういう状況になると、頭には「探偵・・・」と思い浮かぶが、金銭面とか考えてしまい、まずは、友人や知人に相談したり話したりする人が多い。それが人間の心理だと思います。

しかし、友人や知人では素人感覚で話してしまったり、アドバイスをしてしまったりすると思うので、もしそのまま鵜呑みにし行動を起こしてしまうと、もしかしたらそれが逆効果になり、相手も察してより一層慎重になってしまう可能性があります。


<まずはプロに相談しましょう>

現在では、弁護士事務所と違い、どこの探偵社も無料相談を設けていますので、まずはプロに相談することを、第一としてお勧めします。

それでも相談をすると、「しっかり調べてみませんか?」と言われるので”調べて欲しいな”と考えるようになって来ます。

そこでお願いするかを考えても良し。見積もりだけを取りあえずお願いするのも良し。
(結果的には依頼してしまうと思います)

ただし、その前に相談する探偵社をあらかじめ調べておくのが重要です。

<探偵社を選ぶポイントとして>

*気を付けて欲しい点
・強制的な言い方で調べる方向の話しばかりをしてくる。

・段階を踏まず、いきなり全ての過程を説明し、全額請求してくる。

・内容に伴う細かい流れの詳細を告げてくれない。

このようなところを良く頭に入れながら、探偵社と話をしてくれたら確実なのですが、
相談の時は、やはり気持ち的に目一杯なので、出来るだけ気を付けながら話をして欲しいと思います。
posted by tantei at 01:38| 浮気・不倫調査